読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Insecta Mesoamericana

グアテマラ在住の虫屋が綴る自然誌雑記

巨大トカゲ棲む森:植物編

乾燥林(季節林)というのは面白いところだ。乾燥しているから生物は少ないと思いきや、そこでしか見られない固有種が多く生息する。確かに乾季には生き物の数は減少するものの、雨季の初めに植物が一斉に新葉を出すのに合わせて多くの昆虫が出現する。こうした劇的な季節変化も乾燥林生態系の魅力の一つ。グアテマラにも広範囲にわたって乾燥林が分布するが、生物相の基礎的な情報はまだまだ不足しているのが現状だ。

私は協力隊員時に2年間、ロス・セリートスという乾燥林で昆虫調査を行い、その豊かな生物多様性と季節性に魅了されてきた。ただ、今に至るまでロス・セリートス以外の乾燥林を訪れる機会がなかったが、ようやくそのチャンスが巡ってきた。

ここは東部サカパ県にある自然保護区。グアテマラ中央部からカリブ海手前にかけてValle de motaguaという谷があり、その谷沿いに乾燥林帯が広がっている。この保護区はまさにそのモタグア谷の中心に位置する。標高は500~700mで、ロス・セリートス(950~1150m)よりも低い。もうすでに2回(2月末と3月中旬)この森を訪れる機会を得た。この地域にはモタグアドクトカゲHeloderma charlesbogertiという固有種が生息するのだが、この話は次にするとして、今回は植物の話題のみ取り上げる。

 

この時期は乾季真っ只中なので、森は一面褐色だ。

  f:id:guatemusia:20160414111016j:plain

 

乾燥林を代表する植物の一つがサボテン。*をつけた種はロス・セリートスとの共通種。Cabeza de viejoは「老人の頭」, Cola de gatoは「猫のしっぽ」という意味で、どちらもその見た目をうまく表している。

 f:id:guatemusia:20160414111114j:plain

上段左から順に、*Organo común (Stenocereus pruinosus), *Chilillo (Melocactus sp.), *Nopal  (Nopalea sp.1), Nopal (Nopalea sp.2),

下段左から順に、*Cabeza de viejo (Pilosocereus leucocephalus), Cola de gato (Disocactus sp.), Mamillaria sp.1, Mamillaria sp.2

 

この巨大なブロメリアは、ドクトカゲが隠れ家として利用する。

 f:id:guatemusia:20160414111433j:plain

Piña de coche (Hechtia guatemalensis: Bromeliaceae)

 

開花している数少ない植物がこれら。テコマスーチェの大きな黄色い花は遠くからでもよく目立つ。この植物は女性の安産を促す薬としても使用されるそうだ。

 f:id:guatemusia:20160414111459j:plain

Carcomoの花 (Caesalpinia exostemna: Caesalpiniaceae)

 

f:id:guatemusia:20160414111516j:plain

Tecomasucheの花と実 (Cochlospermum vitifolium: Cochlospermaceae)

 

この灌木は乾季にのみ開花するという不思議な植物。よく見ると、葉の先端に小さな刺がある。トゲ植物が豊富なのも、乾燥林の植物相の重要な特徴。

 f:id:guatemusia:20160414111640j:plain

Duruche (Bonellia macrocarpa: Thephrastaceae)

 

この木の樹脂はマヤの儀式に利用される。今でも儀式の際にはincensario(提げ香炉)の中にお香を入れて焚くのだが、その時にこの樹脂を入れて燃やすのだそうだ。

 f:id:guatemusia:20160414111731j:plain

Campón (Gyrocarpus americanus: Hernandiaceae)

 

f:id:guatemusia:20160414111754j:plain

幹に付着して固まったCampónの樹脂

 

以上の話は全て同行してくれたガイドから聞いたもの。この村で生まれ、この森を知り尽くした彼は、生き物の名前のみならず、それにまつわる様々な話まで教えてくれて、一緒に歩いていて本当に楽しかった。そして、ロス・セリートスとの共通点と相違点を発見することができたのも大きな収穫だった。ちなみに、上に示した植物5種はセリートスには分布しない。乾燥林と一口に言っても、グアテマラ国内だけでもこんなにバリエーションがあるのだと、さらに興味が深まった次第。

さて、次回はこの森の動物たちを紹介する予定!