読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Insecta Mesoamericana

グアテマラ在住の虫屋が綴る自然誌雑記

湖畔の蝶乱舞

話は遡るが、前々回書いた採集旅行にはまだ続きがある。この後、ラグーナ・ラチュアという所を訪れたからだ。ここはアルタ・ベラパス県北西部にある国立公園。県都のコバンから車で2時間半近くもかかる。ずっと行ってみたいと思っていたところ、ちょうど国立サン・カルロス大学の研究者が調査に行くというので、同行させてもらえることに。どんな昆虫が見られるのだろうかと期待に胸が膨らむ。

 

公園入口の事務所で手続きを済ませた後、いざ森へ。一歩足を踏み入れた途端、巨木生い茂る薄暗い熱帯雨林が広がっている。

 

f:id:guatemusia:20141012143308j:plain

 

 目を凝らしながら林道をゆっくり歩いていくが、なかなかめぼしい虫は見つからない。陽が差し込むギャップには蝶がもっといても良さそうなものだが、見かけるのはセセリチョウがほとんど。

 

 f:id:guatemusia:20141013120352j:plain

セセリチョウの一種 Drephalys dumeril (Heperiidae)

 

1時間半後(普通に歩けば30分ほどの距離だが)、視界が急に明るくなる。眼前に広がるのは、ターコイズブルーの湖。だが、僕の目はその手前の地面に釘付けに。そこには何十頭もの色とりどりの蝶が飛び交っている! まさに蝶吹雪!

 

f:id:guatemusia:20141013120513j:plain

テクサウズマキタテハ Callicore texa (Nymphalidae)

 

f:id:guatemusia:20141013120856j:plain

アゲハチョウ2種 Papilio androgeus & Papilio thoas (Papilionidae)

 

f:id:guatemusia:20141013120951j:plain

シロチョウ2種 Glutophrissa drusilla & Melete lycimnia (Pieridae)

 

f:id:guatemusia:20141013121014j:plain

ペトレウスツルギタテハ Marpesia petreus (Nymphalidae)

 

f:id:guatemusia:20141013121034j:plain

チロンツルギタテハ Marpesia chiron (Nymphalidae)

 

f:id:guatemusia:20141013121051j:plain

ハルモニアツルギタテハ Marpesia harmonia (Nymphalidae)

 

蝶の集団吸水は今まで何度か見たことがあるが、これほどの規模のものは初めて。特に圧巻だったのは、格好いいツルギタテハが3種同時に見られたこと。petreusは一昨年ロス・セリートスで、chironは昨年ホンジュラスでそれぞれ見たことがあるが、harmoniaは今回初。

 

30分ばかり夢中でシャッターを切り続けた後、ようやく湖の光景を眺める余裕が出てきた。

 

f:id:guatemusia:20141013121146j:plain

ラチュア湖 Laguna Lachuá

 

f:id:guatemusia:20141013121452j:plain

オリオンタテハ  Historis odius (Nymphalidae)

 

翌朝、バナナトラップ回収に再び訪れた時には、こんな美蝶を目撃。このサイズと色合いだが、れっきとしたシジミチョウの仲間。

 

f:id:guatemusia:20141013121215j:plain

トキセアマルバネカラスシジミ Eumaeus toxea (Lycaenidae)

 

今回は甲虫類はほとんど採れなかったが、蝶はたくさんいたし、何よりグアテマラの自然の新たな一面を垣間見られたので、満足だった。ここにはあの白モルフォMorpho polyphemusも生息しているそうだ。ぜひまた来てその姿を見てみよう、その時は森の中で灯火採集をしようと、早くも次回に向けたアイデアが湧き上がってくる。